2021年02月10日

札幌4期アーユルヴェーダ初級認定コースのアーユルヴェーダ料理 スージーハルワのレシピ

みなさん。こんにちは。


先日、浅貝賢二先生の札幌4期アーユルヴェーダ初級認定コースのアーユルヴェーダ料理の会の講師をさせていただきました。

札幌のメンバーの他にも長崎など他県から4名の方が参加されました。


集まることはできませんが、オンラインでつながり、お顔も見られて、最後に一緒に試食をするなど、楽しい時間を過ごさせていただきました。スパイスの香りとお料理、最後にチャイで乾杯し、幸せな気持ちになりました。


メニューは・・・・

ターメリックライス

ダールタルカ

きゅうりのライタ

スージーハルワ

IMG_2679.jpg


お料理は、右上から時計回り・・

スージーハルワ・ダールタルカ・きゅうりのライタ・ターメリックライス


スージーハルワは、ナッツやレーズンの入ったインドのデザートです。美味しかったとの感想をいただきました。

レシピを載せますので、ぜひ作ってみてください。


スージー・ハルワ

材料≫ ① セモリナ粉 40g ② 150ml砂糖 20g~40ギー 15レーズン 20ナッツ 40g (できれば食塩、植物油不使用) 大きいものは、半分くらいに刻む

スパイス a ナツメグ 適量 b クローブ 適量 c カルダモンP 適量

作り方(1)鍋に水を沸かし、砂糖を入れる (2)フライパンにギー、セモリナ粉を入れ、 色づくくらいまで炒める (3)沸騰した鍋の中に(2)を入れて、よく練 りながら火を通す (4)フライパンに、ギー(分量外)を入れナッ ツ、レーズンを炒める。ナツメグ、クロー ブを入れて、香りが出たら、鍋に入れる (5)カルダモンをいれて、混ぜる

IMG_2604.jpg


posted by のぶちゃん at 16:42| Comment(0) | アーユルヴェーダ | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

白湯のすすめ #ヴァータ#  #コロナ対策#  

梅.jpg

みなさん。こんにちは。

今年もよろしくお願いします。


昨年からコロナで大変でしたね。今でも、たいへんな思いをされている方もいらっしゃると思います。そして、第3波も終わる見通しがまだ立たない中、不安が増幅している方も、多いと思います。

そんなコロナに翻弄され続ける中ですが、やはり、後ろ向きになってばかりもいられない・・と、思い立ち、新しい年にもなり、やれることをやっていこうと思いました。


今年の冬は、とても寒いですね。雪が少なく、天気が良くて寒い日が多い・・・と、思うと、急に春のような温かさが訪れる・・・・。

この季節は、ヴァータが増えやすくなります。冷たい、軽い、早い、乾燥、不規則などのヴァータの質。今年の冬は、特に注意が必要です。


 白湯     白湯.jpg



この季節は特に、白湯がおすすめです。体が温まり、老廃物を体の外にだしてくれます。

私は、毎日白湯を飲んでいます。

1杯飲んで、残りは保温ポット300mlの物に入れて、持ち歩いて夜までに飲んでしまいます。

1日、700mlくらいまでは、飲んでも大丈夫なので、多く飲みたいときには、300mlのポット2本に入れます。


あと、おすすめは白湯に、ちょっとトリカトゥを一つまみ、入れて飲みます。お腹が重い時、食べ過ぎたとき、冷えたときに良いです。


最近は、コロナ対策として、ハーブティーを飲んでいます。

レモングラスとトゥルシーを熱いお湯で入れて、しょうがのすりおろしを入れて飲みます。

免疫力がつきます。


・・・・白湯の作り方・・・・

◎やかんのふたを開けて、ぼこぼこと5分から10分、煮立たせます。熱いのが苦手な方は、少し冷まして、飲みやすくなってから、飲みましょう。


よく煮立たせた白湯は、お腹に軽いです。でも、作れない時には、ポットのお湯でも十分に効果があります。無理のない範囲で、少しずつはじめてみることをお勧めします。


・・・・白湯の効果・・・・

倦怠感の緩和・寝つきの悪さ・目覚めの悪さの緩和・体がすっきりした気分に・お腹がすいてご飯がおいしくなる・やる気の改善・便秘の改善・せき込み、呼吸が苦しくなりやすい症状の緩和・初期の発熱が治まりやすくなるなど。



posted by のぶちゃん at 14:54| Comment(0) | アーユルヴェーダ | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

2020年の年の瀬に・・・・



イラスト2つばき.jpg

皆さま


ご無沙汰しております。

2020年は、想像もしないたいへんな年になりましたね。


私も今年は、いろいろなことがたくさんありました。

コロナ渦の生活、引っ越し、母の病気、学会のオンライン、父の逝去・・・・など。

次から次へと翻弄され続けた1年だったと振り返ります。


そこで学んだことは、まずは受け入れるということがとても大切なことなんだと、体験を通して感じました。

そこから、その先に陰性感情から陽性感情への転換ができ、希望や前向きな考え方、姿勢が生まれると思いました。


人生に何が起こったかが重要ではなく、起こった出来事をどうとらえたかが重要だと思いますが、それには、ヨーガやアーユルヴェーダ、そしてアドラー心理学を学んできたことが多くの助けになりました。そして、友人たち、ヨーガの生徒さんたちからの温かい言葉、人生を私より多く生きてきた人たちからの納得のアドヴァイスなどにも助けられました。


家族とお別れすることは、とても辛いことだけれど、それを通して、自分の中での愛情や自分にとっての家族の存在を改めて、実感することができました。たくさんの思い出を残してくれたことや父の愛情に感謝し、悲しい気持ちを暖かい想いに変えて、それを自分の中に大切に残していきたいと思います。


来年もブログを続けます。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。



posted by のぶちゃん at 06:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする